次に栃木県で上場する企業

おはようございます
田舎IT社長オオキです

先日アグクルの小泉社長と
久々にお会いしました
https://agcl528.com/

大学生な感じが抜けて
しっかり経営者の顔でした

人を育てるのは
想いと環境だなと
あらためて感じた瞬間

さてさて

創業相談で
IPOを口にする人が増えてきた
時代が繰り返してる証拠

起業ブームとは言わないけど
時代の閉そく感を感じ
若いのが立ち上がってる証拠

世の中的には
IPOなんて簡単に口にするなと
そんなことを言う人も居ますが

今の世の中
心に秘めておくよりも
口に出した方が実現しやすい

なのでIPOに限らず
目標や目的は出した方が良い

そんな中で
栃木県で次に上場しそうなのはと
そんな質問があった

栃木県で次に上場しそうなのは
キッズコーポレーションだと思う
https://www.kids-21.co.jp/

2016年から3期で見ると
売上高は
約15億、約29億、約44億

当期純利益は
約1千6百万、約4千万、約4千4百万

売上高が倍々で増えていて
それでいて利益の伸びは低いので
そこから察するに
今は保育園を作りまくって
人を雇用しまくってる
そんなところが読み取れる

ただし、このままだと
純利益がちょっと低めなので
増やした保育園で利益を高めたい

そして狙うはマザーズ市場
マザース市場は利益1億円が必要と言われ
利益を伸ばす絵を描ければ
十分に可能な位置に居る

大塚社長は
人柄も良い人格者なので
地元でも嫌っている人は
見たことが無い

長く経営者をされてきたこともあり
IPOするに値する
そんな経営者のお一人だと思う

それでは仕事に戻ります
本日も宜しくお願いします

この記事を書いた人

田舎IT社長ナオヒト
田舎IT社長ナオヒト代表取締役
栃木県宇都宮市出身、小山市在住。世の中を便利にすると笑顔になるのでIT屋と、美味しいものを食べる笑顔になるのでアイス屋をやってます。ただの笑顔好きな人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です