県立高校生への講話(2021年11月)

どうもです
田舎IT社長ナオヒトです
知り合いからは「ナオさん」と呼ばれてます

少し前のブログにも書いたけど
経済会からの恩返しとして
地元の高校1年生を対象にした
講話を実施したのね

場所は昨年と同様
栃木県立宇都宮北高等学校

北高の校長先生は
民間企業に出向に行く経験をされていて
いわゆる公務員と
民間企業の両方を経験してる方

それぞれの良さがあり
地元経営者の言葉は
生徒の未来に役に立つということで
このような交流が
数年続いてます

そして昨年同様
午後の3時限
生徒が入れ代わり立ち代わりで
同じ話しを3回するのね

ほぼ話しっぱなしなので
3時限通しては
結構辛いのと

このネタは盛り上がるから
次の時限ではもっと深堀しようとか
このネタはウケないから
次の時限では別ネタにしようとか

3時限を通して続けると
3時限目が
一番ネタが仕上がるというか
講話するこちらも
上手になってくるんだよね

上手になるってことは
聞いてる高校生も
聞きやすいとか
心に残りやすいって
そんな効果があると思う

ともあれ
今年も良い経験をさせていただき
宇都宮市及び
北高等学校の皆様には感謝だし

話しを聞いて下さった
北高等学校の生徒の皆さんには
心より感謝です

何度でも云います
キミたちには沢山の時間があります
「どうぞ挑戦してください!」

それでは現場に戻ります
次回もどうぞ宜しくお願いします

この記事を書いた人

田舎IT社長ナオヒト
田舎IT社長ナオヒト代表取締役
栃木県宇都宮市出身、小山市在住。世の中を便利にすると笑顔になるのでIT屋と、美味しいものを食べる笑顔になるのでアイス屋をやってます。ただの笑顔好きな人です。

前の記事

会社の人間関係に悩む理由

次の記事

やるか、やらないかNew!!