経営者としてコロナ禍の受け入れ方

おはようございます
田舎IT社長オオキです

夜は出歩かなくなり
映画やドラマなど
動画を視聴して過ごしてます

そろそろ
動画ばかり見てる生活に
飽き始めてます

皆さんは如何ですか?

さてさて

100年に1度ともいわれる
コロナ禍に翻弄される我々

どうにか乗り切ろうと
創意工夫をする経営者と
考えるも何も手が出ない
そんな経営者もいる

もちろん
ジッと耐える
そんな判断をする経営者も
大勢いると思う

つまり
そんな簡単じゃない

総じて言えるのは
キャッシュを手元に

極端な話し
お金さえあれば
またチャンスは巡ってくる

逆に
どんなに素晴らしい事業も
キャッシュアウトしたら
その志は泡と消えてしまう

とにかく今は
キャッシュを手元に

そして今
あらためて思うのは

afterコロナ と withコロナ
この両方の視点を意識し
事業を創造すべきだということ

というのもコロナ渦が
人工物である以上

残念ながら今後も
同じようなことは起こることは
想像に容易い

アマゾンの山奥で
奇跡的な突然変異で発生なんて
そんな話しではなく

どこぞの研究所で
ばら撒こうと思えば
また同じことが発生しかねない

世の中には
たまたま合致したものも含め
withコロナ の事業は少ない

弊社も含め
世の中の事業の大半は
afterコロナ 事業ですね

これから10年、20年と
未来を創造し、活躍していく
そのためにも

withコロナ と afterコロナ
この両方を意識した
事業モデルを

密やかに
でも大胆に
創造していく時です

自身のため
社員のため
そしてお客様のため

目の前の未来を
少しでも良くするため
行動しましょう

それでは仕事に戻ります
本日も宜しくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

〇〇始めました

次の記事

酪農家を助けよう