好きであることの強さ

おはようございます
田舎IT社長オオキです

コンビニのパンで
ナイススティックってご存知ですか?

長細いパンで
パンと味は
シュークリームみたいな
そんなパンです

久々に食べたいけど
なかなか見当たりません
皆さんのお近くには
売ってますか?
#無いと分かると余計に食べたい

さてさて

知り合いが
触れるイベントをするそうで
渋谷まで足を運びました

入場時刻が厳密に制限されており
完全にクローズドなイベント

著作権など絡みそうなので
ここでは画像だけにしますが

簡単に説明するなら
チーム・○ボがやってるような
壁に映像が表示されていて
触ると映像が変化するという類です

炎が上がり
手をかざすと
炎が更に強さを増すであるとか

無数のピンポン玉が
降り注いできて
人に当たると跳ね返るであるとか

オープンフレームワークと
一部はご自身でコーディングし
僅か半年で
展示会に至ったそうです

業務用のプロジェクタなので
どうでも影が入るのはご愛敬
もちろんそれをイメージした作品もある

短焦点のプロジェクタにすれば
更に良くなるなど工夫はこれから

ここまで作り上げた努力もそうだし
根底にある「映像好き」ってのが
開花したことを感じます

人は誰でも
やり続ければある程度のプロになれる
でもそこまでやり続けるのは大変なので
大抵は「努力」に頼ります

頼るというのは
「努力することは素晴らしい」など
継続することに意味を持たせて
継続させようとします

私も多くのことを継続してきましたが
大抵は「努力という大義名分」に頼る
そんなやり方です
#それでも投げ出したことは沢山ある

その一方で
やっぱり「好き」ってのは強く
この作品を作り上げた彼は
「好きを形にしただけ」だったりします

若干二十歳
僅か半年で
チーム・○ボなことが出来るのだから
我々も、もっと頑張らないといけないなと
良い刺激を受けた次第です

素敵な映像作品
触れる体感作品を
どうもありがとー

それでは仕事に戻ります
本日も宜しくお願いします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です