人魚姫とバイキング

おはようございます
田舎IT社長オオキです

ガムを貰って
普通に噛もうとしたら

奥歯で「ガリッ」と鳴って
飴だと気付いた時の
あのやるせなさ

何でしょね?
自身にドッキリを仕掛け
自身で引っかかるみたいな

この悲しい出来事の呼び名
何か無いかな?
#ただの勘違い

さてさて

1年ぐらい前だったかな
ランチしていたら
たまたま近所の学習塾塾長が
来店されてました

その塾長が
とても綺麗な方を連れていて
色が白くて
目鼻立ちがしっかりしていて

顔も小さくて日本人離れ
身長は170cmぐらいあるんじゃないかな

昔絵本で読んだ『人魚姫』
陸上に上がったら
きっとこんな人なんだろうなと

オーストラリアから来ているそうで
オーストラリアとこの街が
姉妹都市提携をしているそう

行政の英語通訳等で
ご活躍する傍ら
学習塾でも英会話講師として
お手伝いをされてるそう

日本語も堪能で
日本語でのコミュニケーションは
全く問題なし

小顔の人魚姫は
終始笑顔でモデルさんみたい
日本人離れしていて
何人ですかって感じ
#だからオーストラリア人だって

それから数か月
また別の機会に
近所の塾長にお逢いしたのね

ふと英会話の話題になり
以前から気になっていたこともあり
「英会話を習いたい」と相談

ぶっちゃけ
少子化、高齢化が進む国内で
当たり前のように仕事が不安定になる

もう遅いぐらいだけど
選択肢の1つとして海外というのは
割けては通れないし
むしろ選んでいかないといけない
選択肢の1つだよね

グローバル化が進み
オリンピックどうのの時代
海外の仕事を良いとか悪いとか
そんな議論をしている時代では無い
#たまに真面目なフリをする

塾長から
「ちょうど良い方がいらっしゃいますよ」と
空気を読んだような快諾

もう頭の中は
人魚姫ですよどんな会話しようかなって
紅茶でも用意しようかな

待ちに待った当日
目の前に現われたのは
ヒゲのバイキング先生
私より2回りは大きい

漫画ワンピースの
裏の方で戦ってる
そんな猛者です

夜は絶対に
木製のビール樽で
骨付き肉を片手に
葡萄酒で宴会してそう

不本意なところから
スタートした英会話ですが
このバイキング先生が
実はとても良い方

塾長いわく
経営者同士なので
そういう意味もあり
マッチングされたそうです

人魚姫との楽しい時間は
しばらくお預けですが
バイキング先生と共に
大航海に出掛けます

それでは仕事に戻ります
本日も宜しくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です