一旦ボランティアは卒業

おはようございます
田舎IT社長オオキです

近所のコンビニで
テッシュペーパーや
トイレットペーパーは
購入できますが

マスクは
なかなか見付かりません
皆さんどうされてますか?

ネットだと
洗って使うとか
手作りマスクとか
そんなのも目にしますね

どうしようかな?

さてさて

実は本日で
ボランティアを卒業します

というのも
宇都宮市で7年間
小山市で5年間

合計12年ぐらい
毎週土曜日と日曜日
早朝のボランティアをしてました

ここらで区切りを付けたいと
3月最後の土日を迎え
本日が最終日です

おりしも
朝から雪が降っていて

世の中からすれば
嫌な天気かもしれませんが

雪という稀有な天気が
12年の労を
ねぎらってくれていると
そんな風にさえ思えます

私が続けてきた
12年間のボランティアは

別に誰かに誉められるでもなく
人知れず行う
奉仕作業です

なので冬の冷え込んだ早朝は
それはそれは手が悴むし

霜が降りれば
朝は車が走り出せないのを
解決してからの行動だし

もちろん雨風が吹けば
ずぶ濡れで作業する
そんな日もあります

何が言いたいかというと
歯を食いしばって行動する
それが私のボランティアでした

一方で最近は
SNSの利用が増えていて
自身の活動をPRしたり

ボランティアの位置づけが
少なからず変わったのかと思います

これは否定ではなく
この呼びかけで
参加する人がいるのも事実

今のご時世だからこそ
楽しいボランティアが
あっても良いのだと思います

話しは戻って
誰に誉められるでもなく
よく12年も続けて来られたなと
素直に思います

最後なので
自分を誉めたいと思います

大樹直人さん
誰に誉められるでもなく
12年間、大変にお疲れ様でした

最後に補足ですが
今後、全くボランティアをしないと
そういう訳ではありません

世の中で
困ってる人は沢山いて
まだまだお役に立てることは
あるものと思ってます

無理しない範囲で
これからも
何処かで誰かが笑顔になれるよう
何かしたいと思います

それでは仕事に戻ります
本日も宜しくお願いします

一旦ボランティアは卒業” に対して2件のコメントがあります。

  1. 福田幸一 より:

    大樹さん
    ボランティア?
    どんなボランティアをやっていたのですか?

    1. 田舎IT社長オオキ より:

      幾つかやりましたが、街の清掃が多いです。
      いわゆる、ゴミ拾いです。
      綺麗になると、清々しいですね!(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

根津釜竹で営業を考える

次の記事

eラーニングの受注