いわゆる私はダサい人です

おはようございます
田舎IT社長オオキです

年齢のせいで
お腹周りが怪しくなり
ダイエットな年頃

意識し出すと
これがなかなか面白く
暴飲すれば出るし
控え目にすると収まる

自分にとって
何が適正なのかも含め
自分の心や身体と対話中

皆さんは
自分の心や身体と
会話してますか

さてさて

以前に芸術家さんから
「大樹さんダサい」と言われ
それがどうにも心に刺さってる

ただそれは
決して悪い受け止め方じゃなく
むしろ客観的な意見に
とても感謝してます

0と1の世界にどっぷり浸かり
出来るのか出来ないのか
その機能のみを追ってきた

今でこそAppleのデザインも
なるほどと頷けるけど
機能のみを追い掛ける人にとって
当時は美しさもへったくれも皆無だった

それから
美術館に足を運ぶとか
ウィンドウショッピングするとか
そういう時間を作り
その時間を大切にしてる

先日は
ティファニーの宝飾展示会

場違いとは思いつつ
招待状をいただいたこともあり
足を運んでみた

見渡す限り
美しい薔薇
これだけ薔薇だらけだと
もはやデフューザーを使う必要が無い

ウェルカムドリンクから始まり
アルコールはシャンパンと
ティファニーブルーのノンアル

インスタスポットもあり
ブランドロゴを背景に
シャッターを押してる人も居た
ブランド作りって大切

アイスブレークのエリアを過ぎると
薄暗く狭いゲートを通り
パッと開ける世界へ

ヨーロッパの庭園を思わせるような
アシンメトリーの空間で
でも引き続き薔薇、そして薔薇

そこを左右に抜けると
一転して装飾品の数々

数千万から
億単位まで
もちろん非売品も多数

シャンパンを片手に
それらの装飾品を
観てまわる

若い人とか
カップルは見当たらず
ご年配の女性や
お金余ってる系の男性
そんなお客様が大勢

お客様も
ドレスアップされていて
既に指には
大きな装飾品がキラキラ

場違いなのは承知の上で
多いに楽しませて貰いました

そして帰りには
タクシーチケットまでいただき
またビックリ

会場は都内で
私は栃木まで帰ります

特に都内では
どんな美しい装飾品を観ても
帰りに満員電車で帰るとか
苦痛なだけで現実に戻される

そういうマイナス要素を
一切排する方法として
会場から自宅までも
変わらず快適な空間を提供する
ティファニーのおもてなし

流石はティファニー
世界一流の
宝飾品ブランドですね

昨晩は楽しかった
でもそろそろ現実に戻りますかね

それでは仕事に戻ります
本日も宜しくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

次に栃木県で上場する企業

次の記事

年賀状も終わりなのかね